TAの歩み

[もどる]


年 (和暦)出来事
1973 (S48) 誕生。

1979 (S54)頃 保育園入園。

1980 (S55) 小学校入学。
空手を習い始める。

1986 (S61) 中学校入学。
スケボーのチームに入る。
ブレイクダンスのチーム(YOKOHAMA CITY BRAKERS)に入る。

1988 (S63) 「3年B組金八先生」でTVデビュー。
ピアスを開ける。

1989 (S64/H1) 高校入学。
バンド活動を始める。

1990 (H2) 「バタアシ金魚」で映画デビュー。
「パンツの穴〜キラキラ星みつけた!」公開。

1991 (H3) 「あいつ」公開。
バイクチーム(YOKOHAMA OUTSIDERS)に参加。
「青春デンデケデケデケ」撮影で香川へ。

1992 (H4) 高校中退。
「青春デンデケデケデケ」公開。

1993 (H5) ジャマイカ個人旅行。
CX「FRIED DRAGON FISH」オンエアで、岩井監督とともに話題を集める。
「眠らない街〜新宿鮫」公開。
「ファンキー・モンキー・ティーチャー3」公開。

1994 (H6) 「四姉妹物語」公開。
「119」公開。
「PiCNiC」撮影でCHARAと出会う。
CHARA妊娠。
CHARAライブの武道館のステージに登場。

1995 (H7) 入籍。
「カフェ・レシオ」でCMデビュー。
UNDER COVER 秋冬コレクションにモデル出演。
長女菫ちゃん誕生。
初主演作「Helpless」撮影で北九州/大分へ。
「幻の光」公開。浅野大ブレイク。

1996 (H8) NHK「命捧げ候」で初の時代劇。
WOWOW J-Movie Warsで「Helpless」オンエア。
「ACRI」で初の海外(オーストラリア)ロケ。
「PiCNiC」/「FRIED DRAGON FISH」公開。
「Helpless」公開。
「ACRI」公開。
「wkw/tk/1996@7'55"hk.net」撮影で香港へ。
「スワロウテイル」公開。
「[Focus]」公開。
「月刊カドカワ」で初の連載「スピリチュアル・カウント」スタート。
「wkw/tk/1996@7'55"hk.net」公開。

1997 (H9) 「ユメノ銀河」公開。
ヨコハマ映画祭 最優秀主演男優賞受賞。
高崎映画祭 最優秀主演男優賞受賞。
日本アカデミー賞 特別賞俳優部門受賞。
日本映画プロフェッショナル大賞 主演男優賞受賞。
peace pill、OOIOOとともに初の関西ツアー。
ニューヨーク個人旅行。
「タイフーン・シェルター」撮影で中国返還前後の香港へ。
「ロッキンオンJAPAN」のCHARA特集で写真家デビュー。
「東京日和」公開。
「ねじ式」撮影で初の濡れ場。

1998 (H10) 「ラブ&ポップ」公開。
ハネムーン(バリ島)。
エランドール新人賞受賞。
江口洋介のピンチヒッターでラジオMC初体験。
ロサンゼルス短期留学。
「孔雀」撮影で香港へ。
MACH1.67でCDデビュー。
「白痴」撮影で新潟へ。
「ねじ式」公開。
「地雷を踏んだらサヨウナラ」撮影でタイ、カンボジアへ。ロケ初日にタイで入院。
「落下する夕方」公開。
結婚式(マウイ島)。

1999 (H11) 「鮫肌男と桃尻女」公開。
日本映画批評家大賞 ベストパーソナリティー賞受賞。
「御法度」撮影で京都へ。本格的な殺陣を初体験。
カンヌ映画祭 ある視点部門に「孔雀」出品。フランスへ。
汎アジア映画祭で浅野特集が組まれる。ロンドンへ。
「孔雀」公開。
インディーズレーベル WILLARD WOVEREN設立。
SAFARIでフジロックフェスに初出演。
「双生児」公開。
「五条霊戦記」撮影で岩手へ。
「白痴」公開。
初の画集「error」出版。南青山で個展開催。
「地雷を踏んだらサヨウナラ」公開。
「御法度」公開。
長男緋美君誕生。

2000 (H12) ゴールデン・アロー賞 映画賞受賞。
ドーヴィル汎アジア映画祭で「白痴」上映。フランスへ。
高崎映画祭 最優秀主演男優賞受賞。
「風花」撮影で北海道へ。
「御法度」カンヌ映画祭コンペ出展。フランスへ。
peace pill 4大都市ツアー。
過酷部、富士山登頂。
「Distance」撮影で長野へ。
トロント国際映画祭で「風花」上映。カナダへ。
「大切をきずくもの/CHARA」のPVで監督デビュー。
「五条霊戦記//GOJOE」公開。
釜山国際映画祭で「風花」上映。韓国へ。
報知映画賞 最優秀助演男優賞受賞。
「殺し屋1」撮影のため、全身金髪に。
「PARTY 7」公開。

2001 (H13) ヨコハマ映画祭 主演男優賞受賞。
毎日映画コンクール 主演男優賞受賞。
「風花」公開。
「DISTANCE」カンヌ映画祭コンペ出展。フランスへ。
「DISTANCE」公開。
ライブイベント「Music Planetarium」で初司会。
「ELECTRIC DRAGON 80000V」公開。
過酷部、逗子→箱根徒歩ツアー。小田原で断念。
東京、大阪の仲間とアート展を共同開催。
バンコック国際映画祭審査員。タイへ。
「殺し屋1」公開。

2002 (H14) インディーズレーベル domoizu設立。
「殺し屋1」「DISTANCE」ロッテルダム国際映画祭で上映。オランダへ。
「殺し屋1」香港国際映画祭で上映。香港へ。
「Last Life in the Universe」撮影でタイへ。
「わたしのグランパ」撮影で群馬、栃木へ。
「水の女」公開。

2003 (H15) 「アカルイミライ」公開。
「曖昧な未来、黒沢清」公開。
「座頭市」撮影で広島、茨城へ。
「わたしのグランパ」公開。
「茶の味」撮影で栃木へ。
「アカルイミライ」カンヌ国際映画祭コンペ出展。フランスへ。
「製作No.TG001(仮)」撮影で青木ヶ原樹海へ。
「父と暮らせば」撮影。
「珈琲時光」撮影で北海道へ。
「座頭市」、「Last Life in the Universe」ベネチア国際映画祭参加。イタリアへ。
ベネチア国際映画祭 Controcorrente部門 主演男優賞受賞。
「座頭市」公開。
「DEAD END RUN」公開。
「ELAN VITAL」撮影で沖縄へ。
「座頭市」他、シッチェス・カタルーニャ国際映画祭参加。スペインへ。
ist CM撮影でイタリア・ローマへ。

2004 (H16) DVD「トーリ」で映画初監督。
日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞。
「茶の味」カンヌ国際映画祭監督週間オープニング上映。フランスへ。
「座頭市」プロモーションでアメリカ・LA、NYへ。
「埋もれ木」撮影で三重県鈴鹿市へ。
「乱歩地獄〜火星の運河」撮影でアイスランドへ。
「茶の味」公開。
「地球で最後のふたり」公開。
「父と暮せば」公開。
住宅購入。
「珈琲時光」、「ヴィタール」第61回ベネチア国際映画祭参加。イタリアへ。
「珈琲時光」公開。
「SURVIVE STYLE 5+」公開。
「エリエリ・レマ・サバクタニ」撮影で北海道釧路市へ。
「ヴィタール」公開。
祖母イチ子さん没(93歳)

2005 (H17) 第3回ベルリナーレ・タレントキャンパスで監督として講演。ドイツへ。
「INVISIBLE WAVES」撮影でタイ、香港へ。
第19回高崎映画祭 最優秀主演男優賞受賞。
カンヌ国際映画祭「埋もれ木」監督週間参加、「エリエリ」ある視点部門参加。フランスへ。
「埋もれ木」公開。
「MONGOL」のために乗馬とモンゴル語を特訓。
「MONGOL」撮影で中国、内モンゴル自治区へ。
「誰がために」公開。
「乱歩地獄」公開。
台北金馬影展で講演。台湾へ
「東京ゾンビ」公開。

2006 (H18) 第60回毎日映画コンクール 男優主演賞受賞。
「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」公開。
第56回ベルリン国際映画祭「INVISIBLE WAVES」コンペ参加。ドイツへ。
バンコック国際映画祭「INVISIBLE WAVES」オープニング上映&コンペ参加。タイへ。
「ナイスの森〜The First Contact」公開。
第三十回香港国際電影節に「INVISIBLE WAVES」参加。香港へ。
「花よりもなほ」公開。
第1回日本インディーズフィルムフェスティバルで「茶の味」、「乱歩地獄」上映。韓国へ。
「MONGOL」後半撮影で再び中国、新疆ウィグル自治区へ。
「SAD VACATION」撮影で北九州へ。

2007 (H19) 「母べえ」のためにボイストレーニングを受ける。
「母べえ」撮影で埼玉、静岡、奄美大島他へ。
「こぶ広場」撮影。
TOYOTA VOXY CM撮影でオーストラリアへ。
「インビジブル・ウェーブ」公開。
NHK「SONGS」矢沢特集で初インタビュアー。
大型二輪免許取得。
第64回ベネチア国際映画祭、「サッドヴァケイション」がORIZZONTI部門オープニング。イタリアへ。
「サッドヴァケイション」公開。
「劔岳 点の記」撮影で富山へ。
VOXY「ペイント篇」撮影でタイへ。

2008 (H20) 「R246 STORY」監督。
「母べえ」公開。
テレ朝「スマステーション」で初の地上波生出演。
「the JAPAN! Culture+hiper-culture festival」で出演作上映。 アメリカ・ワシントンDCへ
「母べえ」ベルリン映画祭コンペティション参加。ドイツへ。
「Mongol」第80回アカデミー賞外国語映画賞にノミネート。 アメリカ・ロスアンゼルスへ。
第32回香港国際映画祭で「母べえ」オープニング上映。
アジアフィルムアワード2008でも助演男優賞のプレゼンターを務める。 香港へ。
「MONGOL」日本公開。
「劔岳 点の記」後半撮影で富山へ。
「eatrip〜食の記憶〜」撮影。
「R246 STORY」第10回ショートショートフィルムフェスティバルで話題賞受賞
「劔岳 点の記」撮影の別山で落石事故。
「鈍獣」撮影。
「R246 STORY」公開。
「桜桃とたんぽぽ〜ヴィヨンの妻」撮影。
DVD「MONGOL」の日本語吹き替えで初の声優。
「夢のまにまに」公開。
「リトル・カントリー」撮影で山形へ。

2009 (H21) 「The 19th Step」撮影準備でインド、ネパールへ。
「鈍獣」公開。
「劔岳点の記」公開。
離婚。
UNDERCOVERISM撮影でイギリス・ロンドンへ。
「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ」第33回モントリオール国際映画祭ワールドコンペ参加。カナダへ。
「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ」公開。
「eatrip〜食の記憶」公開。
「SOUL RED 松田優作」公開。
「乱暴と待機」撮影。
「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」撮影。
「スノープリンス〜禁じられた恋のメロディ」公開。
「THOR」撮影準備でアメリカ・ハリウッドへ。
年越しライブで韓国・ソウルへ。

2010 (H22) 「THOR」撮影でアメリカ・サンタフェへ。
ダイアナ・チアキさんとFRIDAYされる。
母方の祖父(Willard N. Overingさん)のお墓がインディアナで見つかる。
「死なない子供たち」ナレーション参加。
アニメ「REDLINE」声優。
「ステキな金縛りonce in a blue moon」撮影。
「これでいいのだ!!映画☆赤塚不二夫」撮影。
「Battleship」撮影でハワイ、バトンルージュ、LAへ。
「乱暴と待機」公開。
「REDLINE」公開。
「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」公開。
「死なない子供、荒川修作」公開。

2011 (H23) 「47 Ronin」撮影でロンドン、ブダペストへ。
ダイアナ・チアキさんと破局。
「これでいいのだ!!映画☆赤塚不二夫」公開。
「THOR/マイティ・ソー」世界公開。ハリウッドデビュー。
「Shadow of the Dammed」日本語版で初のゲーム声優。
NHK「ファミリーヒストリー」取材で祖父母のルーツが明らかに。
菫ちゃんがモデルデビュー。
Right-on CM撮影でLAへ。
「ステキな金縛り」公開。

2012 (H24) 「黄金を抱いて翔べ」撮影で関西。
菫ちゃん、NZ語学留学。
仲里依紗さんとFRIDAYされる。
「バトルシップ」公開。
仲里依紗さんと破局。
「THOR 2」撮影でロンドンへ。
「終の信託」公開。
「黄金を抱いて翔べ」公開
クライスラー社のブランドアンバサダーに。
「清須会議」撮影。

2013 (H25) 「私の男」北海道で撮影。
アンダーカバーのコレクション観覧(?)にフランスへ。
「UOMO」撮影で香港へ。
「壊れた心」撮影でフィリピンへ。
「ルパン三世」撮影でタイへ。
「笑っていいとも」テレフォン初出演
「Thor the Dark World」ワールドプレミアでアメリカ、LAへ。
「清須会議」公開。
「47 RONIN」公開。

2014 (H26) NHK「ロング・グッドバイ」で連続ドラマ初主演。
カール・リンシュ監督の結婚式出席でウルグアイへ。
「マイティ・ソー ダーク・ワールド」日本公開。
「魔女の宅急便」公開。
中田クルミさんとFRIDAYされる。
「私の男」公開。
第36回モスクワ国際映画祭 コンペティション、「私の男」でグランプリ、最優秀男優賞W受賞
「ルパン三世」公開。
「私の男」第19回釜山国際映画祭・アジアの目部門参加で韓国へ。
「The Wasted Time」撮影で中国へ。
「寄生獣」公開。

2015 (H27) 「SILENCE/沈黙」撮影で台湾へ。
「寄生獣 完結編」公開。
「SILENCE/沈黙」で剃髪→初のスキンヘッドに。
「岸辺の旅」第68回カンヌ国際映画祭・ある視点部門参加でフランスへ。
ドイツ第15回日本映画祭で名誉賞受賞
日本映画祭、J-POPサミットに名誉ゲストとして参加、アメリカ・サンフランシスコへ。
「岸辺の旅」公開。
「グラスホッパー」公開。
第35回ハワイ国際映画祭でMaverick賞受賞。ハワイヘ。
「母と暮せば」公開。

2016 (H28) 緋美君、オーストラリア語学留学。
第10回アジア映画賞で助演男優賞受賞。マカオへ。
「淵に立つ」第69回カンヌ国際映画祭・ある視点部門参加でフランスへ。飛行機トラブルでフォトセッション遅刻。
「淵に立つ」公開。
2017 (H29) 連ドラ「A LIFE〜愛しき人〜」出演。
「壊れた心」公開。
「新宿スワンU」公開。
「沈黙-サイレンス-」公開。
第11回アジア映画賞(AFA)で主演男優賞受賞。香港へ。
   <つづく>


[もどる]

更新:2017.03.25(土)
Kaori